一戸建ての建築費用

厚木エリアの特徴と一戸建ての建築費用

厚木市には7つの行政区域が有ります。また、この市の特徴の一つとして多摩川に沿って地域が有ることです。

多摩区はこのエリアの中でも北に位置しており。等々力緑地公園や多摩川緑地などの自然が豊富にあるエリアになっています。また、麻生区は横浜市に隣接しているのが特徴です。

宮前区などには住宅地も多くあり、隣接する中原区は厚木市の中でも土地の取引価格相場が高いエリアなのですが、東京へのアクセスが良いなどの理由もあり、人気が高く一戸建て住宅を購入して永住する人も珍しくありません。

厚木駅の周辺は、再開発が行われ街並みも綺麗になっており中心部から離れる事で住宅地が広がる幸区になっています。

海沿いの地域は東京湾に面したエリアであり、京浜工業地帯から続く工業エリアになりますが、工業地帯から駅に向かうにつれ住宅地が広がるエリアになり、駅周辺は賑やかさを持ちます。

7つの行政区域はそれぞれ異なる環境になっていますが神奈川の中でも人気の高いエリアになっています。

因みに、厚木市の人口は、約145万人で、隣接する横浜市は約370万人になります。一見少ないように思える人口も、総面積が437.57km²に対して370万人ですので、厚木市の総面積142.70m²は

1km²当たりの人口は、横浜市では1.18万人なのに対し、このエリアでは1km²当たりの人口は、9.84万人となっており、人口における過密性が伺えるのです。

所で、一戸建て住宅というのは、土地と建物がセットになっている不動産物件ですが、土地そのものの価値は新築でも中古でも同じ価値を持っています。新築の一戸建て住宅の販売価格が6000万円の場合、土地の価格が4000万円で、建築費用が2000万円となった場合、同じ場所にある中古の一戸建ての土地の価格も4000万円になると言う事です。

但し、中古の一戸建ての建物は、建築年数に応じて価値が下がりますので、建築年数が20年の場合と30年の場合では、30年経過した方が安くなるのです。
注文住宅などの場合は、土地を購入して自ら選んだハウスメーカーや工務店に依頼をして建物を建築します。
自由設計が可能になる注文住宅の建築費用は、家の大きさや家の中で使う設備のグレード、建材などのグレードにより費用は変わることになります。

また、建築費用は1坪当たりの単価で計算されることになるのが特徴で、塗装などの塗料においての費用も、1坪当たりの単価で見積もりが作られているのです。”

最新記事

  • 厚木での新築一戸建てについて 神奈川県厚木市での新築一戸建てについては、大都市圏であるだけにその購入費用が高く …

    厚木での新築一戸建て

  • 厚木で一戸建てを考えるなら断然中古物件 かつて厚木と言えばイメージが決して良いものではありませんでした。工業地 …

    中古物件のおすすめ

  • 厚木の一戸建てを建てる時に平均的な平米を知る 厚木で一戸建てを建てる時には、どの位の広さの家を建てるようにする …

    平均的な平米を知る