予算内の坪を考える

厚木で一戸建てを建てる時に予算内の坪を考える

厚木で分譲住宅などを購入するのではなく、土地から探して、それから一戸建てを建てようと考えているのであれば、土地探しをしなくてはなりません。
その時には、自分の予算はいくらくらいまでというのを決めておくようにした方が、土地を探しやすくなります。

例えば一戸建てを建てる場合には、建物の建築費であったり、土地を購入する費用が必要になってきます。
ですので、どの位の大きさの家を建てるかによっても、土地に出せる予算が決まってくるようになるでしょう。

もしも予算内で大きな一戸建てを厚木で建てたいのであれば、土地にそこまでのお金をかけることが出来なくなります。
そうなってくると狭い土地ギリギリに大きな一戸建てを建てるようにするか、もしくは一坪の値段が安い広い土地を購入して、一戸建てを建てるのかといことになるでしょう。

ですので、厚木の土地にいくらお金を出すことが出来るかによっても、どんな土地を購入するかを考えるようにしなくてはならないのです。
そこで、土地の価格というのは、どのようにして決まってくるようになるのでしょうか。まずは利便性というのがあります。
駅に近い場所の住宅街になってくると、一坪の価格は上がってくるようになります。

しかし、駅から遠くなって山の斜面にあるような土地の場合は、一坪の価格は下がってくるようになるでしょう。

ですので、場所によって大きな違いが出てくる事がわかります。そして駅に近い物件で同じ坪数の土地だったとしても、購入するときに気をつけなくてはならない点があります。

それがどんな形の土地なのかというのがあります。もしもいびつな形をした土地なのであれば、建物を建てたとしても土地に無駄な部分がたくさん出てくるようになるかもしれません。

そうなってくると、庭を広くとることが出来なかったり、日当たりが悪くなってしまうようなこともあります。ですので同じ坪数だったとしても、有効的に使うことが出来る土地の方を選ぶようにした方がいいのです。

土地に無駄な部分が出来てしまったとしても、その部分にも何十万円というお金を支払うようになるのです。それではあまりにももったいない気がしてしまいますので、無駄があまりでないような土地を探して、予算に見合ったものを購入するようにしておきましょう。それ以外にも土地の地盤が悪ければその分工事費が余分にかかるようにもなりますので、そういった点も予算の中に組み込んでおかなくてはなりません。”