設計事務所に依頼する

厚木で一戸建てを買うなら設計事務所に依頼する

一戸建てを買うなら厚木がいいと決めてる方もいらっしゃるかもしれません。

厚木市で一戸建てを買う場合、どのようなことに注意したらいいでしょうか?厚木で一戸建てを買う時の抑えるべきポイントはいくつもあります。

まず、建売住宅を買うのか、注文住宅を買うのかという問題です。これはどちらを選ぶのも自由ですが、双方にチェックポイントがあります。

一戸建てとして建売住宅を買う場合は、点検口が設けられているどうかを確認する必要があります。建物の健全な維持管理に欠かせないのが点検口であり、これがないと効率的な修繕やメンテナンスが行えません。

物件を見るときはまずこの点検口の有無を確認し、加えて可能なら点検口の中の状態を見ておくことです。点検口が設けられる箇所は、天井裏、屋根裏、床下、壁内などです。

天井裏の点検口からは、換気ダクトの取り付け状態や断熱材の有無などを確認できます。屋根裏の点検口からは、雨漏りの跡、配線の整理状況などを確認できます。

床下の点検口からは、給排水管の施工状態や、基礎の劣化具合を点検することができます。点検口の存在は住宅の寿命を左右するほど大事なものなので、一戸建て購入では必ずチェックポイントにしておきましょう。

さて、注文住宅を選ぶ場合は、依頼先がポイントになります。すなわち、ハウスメーカーや設計事務所、工務店などがあり、そのうちのどこに依頼するかを決めなければなりません。

設計の自由度で決めるなら、融通の利きやすい設計事務所が良いかもしれません。モデルハウスがあることや、社員の教育の良さならハウスメーカーでしょう。

このように依頼先ごとにメリット・デメリットがあるため、選ぶ時は慎重でなければなりません。全体の完成度、安心感ならハウスメーカー、より細かい設計での注文を望むなら設計事務所、といった形になります。

一戸建てを注文住宅で建てる場合は、工法のことも考えておかなければなりません。住宅をどんな構造で建てるか、それが工法を考えるということです。
工法にはいくつかの種類があります。

木造軸組工法はとても有名ですが、それ以外にも枠組壁工法、軽量鉄骨、重量鉄骨、鉄筋コンクリート造、ログハウス風もあります。

工法によって暮らしやすさや耐久性が違ってきます。それぞれにメリット・デメリットがあるため、自分たちのライフスタイルを念頭に置きながらよう話し合っておく必要があります。鉄筋コンクリート造には、ラーメン式と壁式があります。”