厚木駅の環境

厚木駅がある周辺の環境

厚木市は神奈川県の北東部に位置する市で、2014年2月現在の人口は約145万人になります。
また、この市は海沿いにある厚木区を初め、幸区、中原区、高津区、宮前区、多摩区、麻生区の7つの行政区から構成されているのが特徴です。
尚、このエリアは多摩川沿いにある地域で、海側から順番に厚木区、幸区、中原区、高津区、宮前区と並び、最後に多摩区と麻生区が並ぶように位置しているのが特徴です。

JR厚木駅がある周辺は幸区で、この市の中でも最も土地相場が高いエリアは中原区になります。
中原区は、南武線の平間駅から武蔵新城駅周辺のエリアと、東急東横線の元住吉駅から新丸子駅周辺エリアになります。
尚、新丸子駅を越えると多摩川になり、その先は東京都になります。
このエリアは、多摩川の緑地が広がる地域でもあり、等々力緑地を初めとして、緑と水の流れなどのロケーションが特徴です。

一戸建てを購入する時は、土地の価格なども重視しなければなりません。
2013年度における土地の取引価格の平均相場で見ると、それぞれの区は以下のようになります。

厚木区は一坪当たり84.97万円、幸区は93.96万円、中原区は128.84万円、高津区は80.51万円、宮前区は57.25万円、多摩区は67.6万円、麻生区は55.81万円と言う相場価格になっています。
尚、これらのエリアは多摩川と並行してあることからも、どの地域からも東京へのアクセスが良いため、一戸建て住宅をこれらのエリアに持ちたいと考える人が多いのです。

一戸建て住宅を購入する場合は、新築の住宅と中古の住宅の2通りの方法が在ります。
因みに、一戸建てにおける新築と中古の土地については建物が新しいか古いかの違いであり、土地そのものの価値自体は同じです。
住宅ローンを利用して一戸建てを購入するケースが多いわけですが、住宅ローンを利用する時はシュミレーションを行い、月々の返済が無理にならないようにしなければなりません。
尚、シュミレーションには返済額の試算に使えると同時に、どれだけのお金を借りることが出来るのかのシュミレーションも可能になります。
これは借入可能額の試算としてのシュミレーションであり、現在の年収や月々の返済希望額などの情報から、借入可能額の計算を行い、それに頭金を加算する事で一戸建て住宅の購入可能額を割り出す事が出来るのです。
また、住宅ローンには固定金利と変動金利がありますが、金利の違いによる返済シュミレーションも可能で、返済プランの比較をする事が可能になるのです。”