最安値を探す

厚木エリアで一戸建て住宅の最安値を探す

神奈川県の北東部にあるのが厚木市です。この市の特徴と言うのは、多摩川沿いに7つの行政区があり、海沿いから順番に区が並んでいるのが特徴です。

多摩川を越えることでそこは東京都となりますので、東京に通勤や通学をしている人にとっては便利なエリアになります。また、多摩川沿いには緑地も作られており、自然が多く在るエリアになっているのが特徴です。

一戸建てをこのエリアで購入する人も多いのですが、厚木市の中でも中原区は、神奈川県の中でも最も土地の取引価格の平均相場が高いエリアになっています。

中原区と言うのは、東急東横線の駅で言うと、元住吉から新丸子までのエリアであり、市の中心に在る事からも人気が高いエリアになっています。尚、土地の取引価格の平均相場は、中原区では128.84万円、幸区では93.96万円、厚木区では84.87万円、高津区では80.51万円、多摩区では67.6万円、宮前区では57.25万円、麻生区では55.81万円となっており、土地の取引価格の平均相場における最安値は麻生区になります。

但し、この最安値はあくまでも平均相場における最安値であり、それぞれのエリアの中での最安値の物件も数多くあるのです。

一戸建て住宅を購入する時は、不動産会社にお願いをして一戸建て物件を探して貰う事になります。厚木市と言っても7つの行政区になっていますので、まずはどの場所に住むのが良いのかを検討する事が大切です。

次に、一戸建てを購入する時は頭金を用意し、残りは住宅ローンを利用するケースが多いわけですが、住宅ローンを利用する事で返済が必要になりますので、返済が可能な額を割出して、借入可能額を算出するのです。

借入可能額と頭金というものが、一戸建て購入費用という事になりますが、ここで注意をしておきたいことは、一戸建ての購入費用とは別に引越し代や住宅の登記などにかかる諸費用が必要になるという事です。

そのため、4000万円の物件を購入するからと言って、4000万円だけあれば良いという事ではありません。

仮に、4000万円と言う費用だけで一戸建てを購入すると、諸費用が必要になりますので、諸費用を差し引いた額が購入可能額になります。住宅を購入する時は、何にどれだけの費用が必要であるのかと言ったことを確認しておく必要があるのです。住宅の購入可能額が決まると、その金額に見合う物件を不動産会社の担当者に探して貰う事が可能になります。”