厚木一戸建ての相場観

厚木一戸建ての相場観を学びましょう

神奈川県の中でも厚木市は隣接する地域が東京都や横浜市と言う事からも、人気が高いエリアになります。尚、この市には7つの行政区があり、厚木区、幸区、中原区、宮前区や高津区、多摩区、麻生区の7つの区が有ります。

一戸建てを購入するにあたり、どの区域に住むのかを決める必要が在りますが、これらの区の土地の取引価格の平均相場を知っておくと予算なども立てやすくなりますし、どうしてもその地域に住みたいと言う事であれば、新築の一戸建てだけではなく、中古一戸建ての物件も併せて視野に入れてあげれば夢のマイホームの実現度も高くなります。

因みに、2013年度における、土地の取引価格の平均相場は次のようになります。

厚木市中原区では一坪あたり128.84万円となっており、この金額は神奈川県の中でも最も高い金額になります。幸区が93.96万円、厚木区が84.97万円、高津区が80.51万円、多摩区が67.6万円、宮前区が57.25万円、麻生区が55.81万円となっています。

尚、これらの数字は、実際に取引が行われた土地価格の平均であり、この金額よりも坪単価が高い場合もあれば安い場合も有ります。しかしながら、一戸建てを購入するにあたり、目安としてとらえておくことが出来るのです。

土地の相場価格と言うのは、地価公示により定められるもので、毎年金額が異なると言う特徴が有ります。土地価格が上がることで購入価格も高くなりますので、土地相場を把握しておくことは、一戸建て住宅を購入する上では重要な事なのです。

一戸建て物件には、新築と中古の2つの種類があるわけですが、同じ広さの土地の場合は、新築の方が高く中古の方が安くなります。これは新築の場合は建物が新しい事で中古物件よりも高くなるのですが、土地の価値と言うことについては、新築であっても中古であっても同じで、40坪の土地で、坪単価が100万円であれば4000万円と言う土地の価値はどちらの場合もあるのです。

建物が大きくなる分、建築コストは高くなりますので、その分販売価格も上がることになります。尚、分譲住宅や中古住宅などの場合は、不動産会社が公開している物件を見る事で、販売価格の相場などが解ります。

最近はインターネットの中に不動産会社のホームページがあり、そこには物件情報を公開していますので、地域により比較をするなどして販売価格の動向などを調べる事も可能になると言った利点があるのです。”