中古物件のおすすめ

厚木で一戸建てを考えるなら断然中古物件

かつて厚木と言えばイメージが決して良いものではありませんでした。工業地帯、大気汚染、日雇い労働といったイメージが付きまとい、住宅地としてのイメージは薄いものでした。

しかし最近では住宅地としても非常に人気の高いエリアになったのです。それは何といっても都心や横浜へのアクセスのしやすさの為だと言えるでしょう。横浜へは20分もかからないうちに到着してしまいます。

都心への京浜東北線を乗ればすぐに着いてしまうのです。転勤族や単身赴任者などには、このアクセスのし易さが魅力であり、住まいの第一候補エリアとする人も少なくありません。

また最近厚木駅の駅前が造成されたり、都市開発されたことにより、非常にきれいに美化され、いままでのイメージを覆すものとなっているのです。また地下街は日本一の長さを誇り、飲食店をはじめ多くの店舗を楽しんで見て歩くことも可能なのです。

こうしたイメージの変化や利便性の高さから、厚木駅前に限らず、厚木市の人気も高まってきたのです。南武線武蔵小杉駅の駅前分譲マンションは即日完売してしまうほどの勢いがあるのです。

こうした様々な要因から、厚木に一戸建て住宅を持ちたいと考える人も多くなってきているのです。確かに駅前など利便性の高い立地の一戸建ては非常に人気がるものの、その販売価格も大変高額になっているのです。

値段が高い割に、住宅地として与えられた土地が限られた範囲しかないので、まるで箱のような小さな一戸建てしか存在しないのです。坪数が限られ一戸建てが小さいだけに限らず、両隣のお宅と隔てるのは壁一枚で非常に密集しているのです。

こうした一戸建て住宅では日照権の問題、騒音やプライバシーなどが問題になってくるのも事実なのです。駅チカという利便性だけを重視してしてしまうと、こうした窮屈で常に人の目線を気にしなければいけない生活が強いられることになるのです。

そのため駅前ではなく徒歩15分圏内の立地を検討し、もう少し間取りに余裕のある築年数の浅い中古物件を検討してみるとよいでしょう。築年数が10年未満であり、使用感が綺麗ならばリフォームなしに即日入居することも可能です。

また徒歩15分も駅から歩けば、土地の広さにゆとりが生まれ、駅前とは違う広々とした間取りの一戸建てに出会うことができるのです。当然のことながら隣のお宅とも十分な間隔や隔たりがあり、隣近所の目線を気にせず快適に住むことができるのです。

中古であれば新築の半値近くで購入することもできるのです。デフレ経済で年収が伸び悩む現代では、ますますこうした中古の一戸建ての需要が増えていくと予想できるのです。”